space

NHK総合 「江 ~姫たちの戦国~」第22話 父母の肖像

space

天正17年(1589)正月、豊臣秀吉(岸谷五朗)は茶々(宮沢りえ)との間に子を授かったことを祝い、
淀の地に城を築くことを決める。

出産まで4か月あるにもかかわらず、男子の物をそろえる秀吉の姿に江(上野樹里)はあきれるが、
茶々も「男の子を産む」と宣言。秀吉に、男子だったら叶えてほしい願いがあると申し出る。

ついに淀に城が完成。秀吉はこの城を茶々に与え、茶々は「淀」とよばれる。

そして、淀は男子を出産。秀吉は「鶴松」と名付け、溺愛する。
そこに、嫁に行った初(水川あさみ)と夫・京極高次(斎藤工)が訪ねてくる。

鶴松の誕生を我がことのように喜ぶ初と高次。その仲むつまじい2人の様子に、江はふとさみしさを覚え、
北政所(大竹しのぶ)に自分の居場所がないとこぼす。そんな江に食ってかかる秀次(北村有起哉)。
北条攻めに向けた軍議で、叔父・秀吉に相手にされず、秀次も自分の居場所を見失っていたのだ。

その後淀は秀吉に、鶴松を産む前に交わした願いを口にする。

それは父・浅井長政と母・市の菩提を弔う追善供養を行うことだった。

秀吉は、淀のけなげな願いを快く聞き入れる。そんな姉と秀吉に夫婦の絆を見せつけられた江は、
再び自分の居場所のなさを痛感する。

一方、駿府城では、北条攻めが決まった家康(北大路欣也)が、三男・竹千代(向井理)に初陣が近いことを告げる。
しかし、竹千代は父のやり方が気に入らず、父への不満を口にする。

Reebok ONLINE SHOP

関連するかも知れない記事

人気記事 トップ10

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録Clip to Evernote

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ